衝動買いから始まったギターも楽しく続いています【生徒さんインタビュー♯2】

木室さん

普段は介護のお仕事をしている木室さん。お仕事以外にもアクティブな趣味が多かったものの、なんとなくギターを買ってレッスンを受けてみたら思いのほか楽しんで続けられたとのことでした。関西にお住まいですが、オンラインで受講いただいています。

【お話を伺った生徒さん】

オンラインコース / クラシックギター科
木室 規宏さん(社会人)

なんとなく始めたギター

─ 介護職というのは体力仕事ですよね。後ろにバーベルのようなものも見えますが、意識的に身体を動かすようにしているのでしょうか。

木室:いえ、仕事とは全然関係なく元々運動が好きでした。最近はさぼり気味ですが(笑)元々ボクシングを5,6年ほどやっていて、スポーツジムにも通ったりしていました。バイクのツーリングなんかも好きですね。

─ そうなんですか!穏やかな方というイメージだったの意外でした。ギターはどこから始まったんですか?

木室:やはり新型コロナウイルスの影響でそのあたりの趣味ができなくなってしまってからですね。とは言っても本当に単なる衝動買いで。ぼーっとネットで見ててなんとなくいいなと思ったというぐらいなんです。

─ 明確なきっかけがない方も少なからずいらっしゃる印象です。教室で習おうと思ったのはいつ頃でしょうか。

木室: すぐですね。学生時代にエレキギターを買ったこともあったんですが、何もわからないまま挫折してしまって。やるならちゃんと人に習おうと思って探しました。仕事柄、不規則な生活になることもあるので柔軟に対応頂けるオンラインレッスンは非常に助かりますね。

─ なるほど。ちなみに木室さんは関西にお住まいですよね。近くの教室は検討されなかったんですか?

木室: はい。最初からオンラインで探していたので所在地は気にしませんでした。それよりホームページを見た際のわかりやすさで選んだという感じで。あと、先生のブログでギターの選び方に解説されているものがあって、これだけ専門的な知識がある方なら安心かなと思いました。

─ ありがとうございます。こちらの記事ですね。

自分で思いつかない練習法を教えていただきました

木室さんの受講環境

─ 実際にレッスンを受けてみた感想などはいかがでしょう。

木室: シンプルに楽しいですね。それと、リズムのトレーニング法など自分じゃ思いつかないような練習なども教えていただけたのもよかったです。やはり客観的に見てもらえる方が断然練習効率が高いように感じます。

─ ありがとうございます。教室のシステムについてはなにか思うことはありますか?

木室: 予約が取りやすいので助かっています。シフト勤務なので月末に予定が出るのですが、そのあとで翌月分の空き枠を探しても大体希望通りに受講できています。ただやはり、土日は平日に比べると人気のようですね。お休みの方が多いので仕方ないことですが。

─ そうですね。当教室では公平性を担保すべく1か月前からみなさん同時に予約可能となりますが、先の予定がわかっている方のほうが早く枠を取りやすいの確かです。

木室: でも料金も手ごろだし、便利なので十分良心的かと思います。

─ ご理解いただけていて助かります。最後にギターでこれから頑張りたいこと、目標のようなものはありますか。

木室:以前先生には言いましたが、鬼平犯科帳のテーマにもなったジプシーキングスの「インスピレーション」はいつかチャレンジしてみたいです。あと最近ではバーデンパウエルなどのボサノバも聞くようになったのでそういうのもいいなぁと思います。現状「リズムがうまく取れないことがある」というのが課題なのですが、何とか克服して好きな曲を弾けるように頑張ります。

─ ありがとうございました。引き続きコツコツと練習を進めていきましょう!